adidas yeezy boost 350 v2 black copper adidas originals yeezy boost 350 by kanye west pirate black yeezy boost 350 oxford tan 628136 adidas originals by kanye west yeezy boost 350 oxford tan adidas yeezy boost 350 oxford tan adidas yeezy boost 350 oxford tan adidas yeezy adidas yeezy boost 350 v2 restocking one retailer next week adidas yeezy boost 350 v2 beluga solar red adidas yeezy boost 350 pirate black restock details adidas yeezy 350 boost black adidas yeezy 350 boost black release date adidas yeezy 350 boost pirate black restock the adidas yeezy boost 350 black releases this week adidas yeezy 350 boost pirate black release info is the adidas yeezy boost 350 turtle dove releasing again adidas yeezy boost 350 turtle dove restock rumor adidas yeezy 350 boost turtle dove restock re release adidas yeezy boost 350 oxford tan even more images

2017年からでは遅い!いま知りたい「都市ガスの小売自由化」

出典:http://www.photo-ac.com/

出典:http://www.photo-ac.com/

2016年4月に電力の小売り自由化となりました。価格競争の激化などが予想されましたが、消費者は冷静に受け止めているようです。実際に乗換件数は緩やかに伸びているといった印象で、既存の電力会社から変えていない人が多いのが現状のようです。

そんな中、2017年4月には都市ガスの小売りが自由化されます。まだまだ法案の細かい部分は調整中ですが、今年度の冬には参入会社なども公表されてくることが予想されます。

今回は新規事業者からの営業などが激化する前に、大家さんや不動産所有の皆さんに向けて早めに都市ガス自由化についてご紹介します。

これまでの流れ

エネルギーシステムの一体改革を目指してスタートした電力及びガスの自由化は、まず工場などの大口利用者からスタートしました。ガスに関しては1995年に自由化となり、すでに都市ガスビジネスには30社以上が参入しています。

また海外では10年以上前から都市ガスの全面自由化が行われています。イギリスやドイツは1998年に全面自由化されており、ガス会社もこの数十年で大幅に増加しています。

ガス自由化の仕組み

【創る】上流での連携や競争が促され、燃料調達コストの抑制や、地域の特色ある取組などが期待されます。(大規模発電・LNG基地・再生可能エネルギーなど地域の資源を活かした発電)  【送る】送配電網やガス導管は、参入する事業者が、誰でもより公平に使えるようになります。(電気/都市ガス)送配電網は発電会社や小売会社とは別の会社が運用するなど、中立性を確保します。都市ガスについても、大手3社の導管は、ガス製造会社や小売会社とは別の会社が運用します。  【売る】お住まいの地域にかかわらず、どの会社からでも、電気や都市ガスを買えるようになります。(電力小売会社・ガス小売会社・携帯電話会社・インターネット接続事業者・住宅メーカー・通販サービス・家電量販店・グリーン電力)・・・各種サービスとのセット販売など、新しい料金プランの創出が期待されます。  → これらを【選ぶ】

出典:http://www.enecho.meti.go.jp/

電力自由化と同様に、ガスの自由化も同じような仕組みで行われます。さまざまな会社がガスの新規事業に参入しますが、各家庭に送られるガス管は今まで通り、各都市ガス会社のガス管を使用していきます。ガス管の管理は、2019年から21年をめどに法的分離が行われ、現状で管理しているガス会社とは別の団体が立ち上がり管理していきます。実際は、ガス管を保有している各都市ガス会社の専門部門が独立していくような形になります。メンテナンスや管理などはこれまで通り行われ、どこのガス会社にもよらない中立の立場で運用されていきます。

ですから、どのガス会社を選んでも、新たなガス管の工事などは必要ありません。また、選択したガス会社から直接ガスをひくわけではないので、どの会社を選んでも各家庭に供給されるガスは様々な会社で作ったガスが混ざった状態で運ばれることになります。

ガス自由化のメリットとは?

では、都市ガスが小売り自由化されるメリットとしてはどのようなことがあるのでしょうか?ガス会社を自由に選べることが最大のメリットではありますが、ほかには以下のようなメリットが考えられます。

★ガス料金を安くすることができる★
これまでの都市ガスは価格競争がなく、「基本料金+従量料金」で支払われていました。これが小売り自由化により各ガス事業者で価格やサービスの競争が行われ、消費者にとってはよりよいサービスや安い料金体系を選択することができるようになります。

★エネルギー会社を整理することができる★
電力の小売り全面自由化も行われたことにより、電気とガスをセットで販売することができるようになります。今までは各エネルギー会社にそれぞれ支払っていた料金も、「ガスと電力のセット割」などで一つの会社にまとめることが可能です。エネルギーに関しては複数の会社と契約する今までに比べると、引っ越しや新築での契約の際にもスムーズになります。

【売る】 <小売各社から提供される様々なプランのイメージ> [電力会社・ガス会社]電気とガスの同時契約による割引プラン [携帯電話会社]携帯料金とのセット契約割引プラン [通販サービス]ポイント付加プラン [住宅メーカー]住宅購入顧客への割引プラン [グリーン電力]エコ発電した電気を使うプラン  <最適な料金プランを探せるWEBサイトのイメージ>

出典:http://www.enecho.meti.go.jp/

セット割で見直す電力自由化

出典:http://www.photo-ac.com/

出典:http://www.photo-ac.com/

2017年4月から出てくるであろう「ガスと電力のセット割」はしっかり見極めて申し込むようにしましょう。実際の話、東京で言えば「東京ガス」は電力自由化にすでに参入していますし、2017年4月に「東京電力」もガス自由化に参入するといわれています。

こうなると電力自由化をもう一度見直してみる必要があります。料金はもちろんですが、環境や省エネなども深くかかわる電力自由化は、発電に関して「原発を使っているのか」「環境に配慮した発電方法なのか」を見極めて選ぶ必要があります。

メリットも大きい電力・ガスの全面自由化ですが、料金だけでなく、地球環境を考えた会社を支持するという消費者の意思表示もできることを十分に理解することで、選び方も変わってきますね。

大家さんや投資家が準備しておくこと

出典:http://www.photo-ac.com/

出典:http://www.photo-ac.com/

ガスの小売り全面自由化に伴って、マンションの大家さんや不動産投資家が準備しておくことはなんでしょうか?現状のガス料金や電気料金を把握しておくことはもちろんですが、各ガス会社や新規参入業者がマンションなどに対してどのようなプラン提案をしてくるか、早めに情報を掴む必要があります。

今現在は、東京ガスはすでにマンションの管理組合やオーナーに向けて、電気とガスのパックプランを用意しています。今の段階でリリースされているプランを参考に、時期を見て判断するのか、今すぐに乗り換えて契約してしまうのかは、それぞれの判断となります。情報収集は必須ですね。

また2017年4月にガスの全面自由化が始まると、マンションでは入居者から「自分の部屋は変えることができるのか?」という問い合わせが多く入ることも予想されます。一括契約の場合は難しいことを説明する必要があります。問い合わせについての対応も管理会社と話し合っておいたほうがよさそうですね。

まとめ

いかがでしたか?

2016年の電力自由化については、翌年に控えたガスの自由化も踏まえ、消費者の動向も緩やかでした。2017年4月は今回と同様に大きく動くことがないのかは、まだ見えない状況です。ただし、「ガスと電力のセット割」など消費者にとってはさらにメリットが大きくなるため、価格競争や宣伝なども激化して消費者の反応が大きくなる可能性もあります。

不動産投資家、マンションオーナーの方はいまから情報収集して備えておきましょう♪