adidas yeezy boost 350 v2 black copper adidas originals yeezy boost 350 by kanye west pirate black yeezy boost 350 oxford tan 628136 adidas originals by kanye west yeezy boost 350 oxford tan adidas yeezy boost 350 oxford tan adidas yeezy boost 350 oxford tan adidas yeezy adidas yeezy boost 350 v2 restocking one retailer next week adidas yeezy boost 350 v2 beluga solar red adidas yeezy boost 350 pirate black restock details adidas yeezy 350 boost black adidas yeezy 350 boost black release date adidas yeezy 350 boost pirate black restock the adidas yeezy boost 350 black releases this week adidas yeezy 350 boost pirate black release info is the adidas yeezy boost 350 turtle dove releasing again adidas yeezy boost 350 turtle dove restock rumor adidas yeezy 350 boost turtle dove restock re release adidas yeezy boost 350 oxford tan even more images

【用語解説】「入居率」とは?いまさら聞けない算出の方法!

出典:http://www.ac-illust.com/

出典:http://www.photo-ac.com/

賃貸経営のかなめ「入居率」

「入居率ってなんですか?ネットで調べてもいまいちわかりません」こんな声をよく伺います。賃貸経営は空室を出さないこと、すなわち「入居率の確保」が一番のかなめになっていきます。大家さんが何もしなくても利回りのいい物件であれば入居率が上がるという虫のよい話はありませんし、賃貸管理会社の「入居率98パーセント!」などのアピールもよく見られますが、実はそこにはあるからくりが潜んでいます。

簡単なようでもっとも重要な「入居率」。賃貸経営をこれから初める方や物件購入を検討している方にもわかりやすくご紹介します!

高利回り物件だから大丈夫?!

出典:http://www.ac-illust.com/

出典:http://www.ac-illust.com/

地方の築古物件を購入し、「うちは高利回り物件だし少しくらい空室があっても問題ないだろう!」と思っていたら、あとになって経営に悩まされるケース。実はよくあるのです。「入居率」を全く意識しない大家さんはいないと思いますが、「入居率」に対してどれだけ意識を強く持っているかで賃貸経営は左右されます。

「入居率」を上げるためには、空室期間をいかに短くするかがポイントになってきます。そのために大家さんは物件のメリットを的確に理解し、内見の際に入居希望者にわかりやすく伝えてもらうことが必要です。
まず、購入した物件について「入居者がこの物件のどこに惹かれて選んだのか」ということを把握しましょう。そして募集ツール上でアピールしていきます。物件の清潔感やきれいな内装、「学校やコンビニに近い」、「収納が多い」などはもちろんのこと、「お風呂に窓があって風通しがいい」や「玄関から部屋の中身が見えない」など細かい利点も入れておくと、内見の際に伝えてもらいやすく、空室も早く埋まるということが多いようです。

高い「入居率」は賃貸経営に大きなメリットが!

出典:http://www.photo-ac.com/

出典:http://www.photo-ac.com/

このように空室を早く埋め、高い入居率を確保していくことは、賃貸経営にとって収入面だけでなく経営者としての銀行からの信頼度も高めてくれます。特に地方銀行や信用金庫などはその土地の平均的な入居率を把握しているため、融資を受けている場合に「高い入居率=優秀な経営者」と認識してもらえるのです。

入居率の算出方法は?賃貸管理会社のからくり

出典:http://www.photo-ac.com/

出典:http://www.photo-ac.com/

「入居率」とはすなわち「全管理戸数の中で入居中の部屋の割合」ですから、単純に以下の計算式で算出できます。

(入居中の部屋)÷(全管理戸数)=(入居率)

もしくは空室率を求めてから入居率を算出する方法です。

(空室の部屋)÷(全管理戸数)=(空室率)

この方法は時点ベースでの算出になります。もちろんこの算出方法も間違えではないのですが、賃貸経営の場合はもう少しほかの算出方法も見ておくと有効です。

稼働ベースでの算出
(空室の部屋×空室期間)÷(全管理戸数×12か月)×100=(空室率)
たとえば。。。
全管理戸数が12戸の物件で、2部屋が2か月間、1部屋が3か月間、空室だった場合
(2部屋×2か月+1部屋×3か月)÷(全12戸×12か月)×100=4.86
空室率が4.8パーセントなので、入居率は95.2パーセントとなります。

賃料ベースでの算出
(空室の賃料×空室期間)÷(全管理戸数の賃料合計×12か月)×100=(空室率)
たとえば。。。
全管理戸数の1か月の合計賃料が100万円の物件で、
8万円の賃料の部屋が2か月間、10万円の賃料の1部屋が3か月間、空室だった場合
(8万円×2か月+10万円×3か月)÷(100万×12か月)×100=3.83
空室率が3.8パーセントなので、入居率は96.2パーセントとなります。

賃貸経営をはじめる際に賃貸管理会社を選びますが、広告などで謳う「入居率○○パーセント」などは、どこをベースに算出しているか、きちんと確認してからお願いしましょう。管理会社もたくさんの大家さんにアピールしたいので、さまざまな算出を駆使してもっともアピール力のある数字を出してきている場合が多いです。算出方法や根拠をわかりやすく説明してくれるかどうかも、賃貸管理会社を選ぶひとつのポイントになりますね。

まとめ

いかがでしたか。
「入居率」を意識しない賃貸経営者はいないと思います。しかし、さまざまな算出方法を知っておくことや、「入居率」の重要性を十分に理解しておくことは、ひとえに賃貸経営の成功につながります。
これから賃貸経営を初めてみる方はもちろんのこと、ベテラン経営者のみなさんもこの機会にぜひもう一度「入居率」を見直してみてはいかがでしょうか?

Untitled-2_31