adidas yeezy boost 350 v2 black copper adidas originals yeezy boost 350 by kanye west pirate black yeezy boost 350 oxford tan 628136 adidas originals by kanye west yeezy boost 350 oxford tan adidas yeezy boost 350 oxford tan adidas yeezy boost 350 oxford tan adidas yeezy adidas yeezy boost 350 v2 restocking one retailer next week adidas yeezy boost 350 v2 beluga solar red adidas yeezy boost 350 pirate black restock details adidas yeezy 350 boost black adidas yeezy 350 boost black release date adidas yeezy 350 boost pirate black restock the adidas yeezy boost 350 black releases this week adidas yeezy 350 boost pirate black release info is the adidas yeezy boost 350 turtle dove releasing again adidas yeezy boost 350 turtle dove restock rumor adidas yeezy 350 boost turtle dove restock re release adidas yeezy boost 350 oxford tan even more images

【用語解説】不動産のエキスパート、宅地建物取引士

torihikishi_day

出典:http://www.takuken.or.jp/

宅地建物取引士とは

宅地建物取引士とは、宅地建物取引士資格試験(宅建)に合格し、試験を実施した都道府県知事の資格登録を受け、かつ、当該知事の発行する宅地建物取引士証の交付を受けた者をいいます。2015年4月からは、「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」へと呼称変更され、ますます注目を集めています。人生の中でも最大の買い物といわれる不動産売買には、様々な法律が関係しています。その取引を円滑に安全に遂行するための役割を宅地建物取引士は担っています。

宅地建物取引士のお仕事

宅地建物取引士のお仕事は多岐にわたります。不動産の売買、賃貸の仲介といった一般的なものから、税理士や弁護士等と組んで相続対策提案など賃貸経営のコンサルタントとして活躍される方もいます。また、宅建業免許を登録する要件の1つとして、営業所ごとに、5人に1人は専任の宅建取引士でなければならないと定められているため、不動産会社だけでなく、不動産を扱う信託銀行等でも資格取得を奨励されています。

宅地建物取引士の試験

宅地建物取引士の試験は、毎年1回、10月の第3日曜日に実施されます。四肢択一式による筆記試験で、合格ラインはその年ごとに変わります。おおむね50問中、7割程度を達することが求められます。

宅地建物取引士の試験内容は以下の通りです。

■宅地建物取引士の試験内容■
1 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
2 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
3 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
4 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
5 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
6 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
7 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

試験合格を目指す場合は、権利関係法令上の制限宅地建物取引業法その他の分野と大きく分けて勉強を進める場合が一般的です。50問中、宅地建物取引業法が20問と大きな範囲を占めていますが、権利関係も3~4割となっており、民法や固定資産税の税率等の税務知識も求められます。

121408

出典:http://www.ac-illust.com/

まとめ

いかがでしたか。不動産業界のエキスパート宅地建物取引主任士。不動産だけでなく、不動産が関係する相続やファイナンシャルプランナー等の業務にも有効です。ぜひ、不動産売買や賃貸管理などの不動産全般に関して依頼するのであれば、きちんと宅地建物取引主任士の登録者にお願いするようにしましょう。また、いくら資格があるといっても、ご自身の不動産は自分自身が一番よく把握しているものです。ぜひ、賃貸経営などの業務に従事する機会があるのであれば、ご自身でも資格試験合格を目指してみてください。不動産業者、大家さん向けの資格はたくさんありますが、国家資格は宅地建物取引主任士だけです。勉強してみる価値はありますよ!!

Untitled-2_31