【用語解説】不動産仲介の「あんこ」とは?

953cf9b109f6c7fe8a5c812603bb7d65_s

出典:http://www.photo-ac.com/

それは、あんこがいっぱいだなぁ・・・。

先日、ある大型不動産売却仲介の話を不動産業者に話したところ、「あんこ」という言葉がでました。思わず、“「あんこ」のぎっしり つまった甘い甘味”を思い描いてしまったのですが、違うようです。「あんこ」とは、いったいどういう意味なのでしょうか。今回は、意外と使われることの多い業界用語「あんこ」について紹介します!

「あんこ」とは

「あんこ」とは、不動産売買の仲介において、2社以上の仲介業者が介在する際の間に入る業者のことを指します。一般的に、不動産売買は1社(両手)もしくは、売主側と買主側の2社(片手)が仲介をします。しかし、非公開物件など、売買を一般のポータルサイト等で公開せずに秘密裏に行いたい場合など売買が難しい物件や高額物件の場合は、売主側と買主側の双方の業者をさらに仲介する業者が必要な場合があります。たとえば、売主側A社、買主側B社、売主と買主の仲介C社と3社が介在するケースもあります。この場合の仲介手数料は3社で分けることになります。また、「あんこ」は風習的なものがあるようで、関東よりも関西で多く使われることが多いようです。もし「あんこ」を避けたいのであれば、直接、売買担当者に「何社が介在していますか?」と聞いてみることをおすすめします。

「あんこ」のメリット・デメリット

「あんこ」は、不動産売買の際に2社以上の仲介業者が介在することになります。「あんこ」のメリットとしては、複数の会社が介在することで、売却が困難な物件を速やかに売却させることができる可能性があります。一方、デメリットは、仲介する業者同士で手数料を分け合うため、物件売却価格に上乗せされる可能性があります。この場合、高い金額で売却できても、売主にメリットがない可能性もあります。介在する会社が増えるほどトラブルが増える一方、1社づつの取り分が減るという面でも「あんこ」は避けられる傾向があります。

まとめ

c5ed20decfc1b8815841f1437a3fb519_s

出典:http://www.photo-ac.com/

いかがでしたか。不動産業界用語「あんこ」。甘味ではないようですね。笑
不動産業界には色々な業界用語がありますが、もし不動産売買等で使われて分からないようであれば、率直に担当者に聞いてみることで解決していくと良いでしょう。

Untitled-2_08

adidas eqt support adv crystal white turbo red adidas eqt support 93 boost white adidas eqt support 93 17 black turbo red adidas eqt support 93 turbo red adidas eqt support 93 turbo red adidas eqt support 9317 turbo red releases tomorrow adidas eqt support 93 turbo red adidas eqt support adv turbo pink adidas eqt support adv turbo pink adidas eqt support adv grey turbo red adidas eqt support adv grey turbo adidas eqt support adv core black adidas eqt support adv triple pink adidas eqt support adv camo pack first look adidas eqt support adv triple black adidas eqt support adv white black pink adidas eqt cushion adv core black running white adidas eqt support adv triple black adidas eqt support rf adidas eqt support rf power red release date