【用語解説】つなぎ融資とは?つなぎ融資のメリット・デメリット

011329bca08071222482e4ee28d0a7f4_s

出典:http://www.photo-ac.com/

つなぎ融資が通りました!ヽ(^o^)丿

不動産を新築する際などに、よく「つなぎ融資(つなぎゆうし)」という言葉を聞くことがあります。つなぎ融資とは何でしょうか?住宅ローンとの違いは何でしょうか?そこで、今回は知っておきたい用語として、「つなぎ融資」と「つなぎ融資」のメリット・デメリットを紹介します!

つなぎ融資とは

つなぎ融資とは、一時的な資金をつなぐ融資のことです。たとえば、不動産の買換えで、不動産の売却と購入を同時に進行させる場合、売却代金の受取日よりも購入代金の支払日が先になるケースが考えらえます。そういった一時的に必要な資金を調達する際に使われるのが「つなぎ融資(つなぎローン)」になります。また、土地を先に購入してから建物を建築する場合、土地を購入する資金を先に融資で調達し、建物を発注した際の金額分のローン(土地+建物が担保のローン)と融資を1本にまとめる際もつなぎ融資が使われることがあります。逆に建売住宅では、土地と建物を同時に購入するため、つなぎ融資は必要ないケースが一般的です。

つなぎ融資のメリット・デメリット

つなぎ融資のメリットは手元に資金がなくても、不動産の買換えや新築資金を調達できることです。逆に、デメリットは、つなぎ融資を実施している金融機関が少ないため、金利が高めなことです。仮に買換えで売却が長引いてしまうと、その期間分、金利を多く支払う必要があります。また、新築の際には、つなぎ融資が住宅ローンとセットになっているケースが多いため、つなぎ融資を受けてしまうと、高めの金利の住宅ローンを選択するしかない可能性もあります。

代理受領とは

つなぎ融資にも利息や手数料が発生するため、借り換えや新築の工期に時間がかかると高くつく可能性があります。このリスクを避けるためには「代理受領」という仕組みがあります。代理受領とは、不動産調達資金を、住宅ローン実行時に金融機関から不動産業者や工務店に直接支払われるようにすることで、つなぎ融資が不要になる仕組みです。しかし、この代理受領の仕組みを採用されている不動産会社も少ないため、あまり利用されないのが現状です。

まとめ

いかがでしたか。不動産用語の「つなぎ融資」。「つなぎ融資」は、不動産の買換えや新築の建築資金を調達する手段ですが、メリット・デメリットもあるようです。ぜひ、不動産の買換えや新築などの際には、利息や違約金など、つなぎ融資の条件を確認して、上手に利用するようにしましょう!!

f5051314c93d7f06fd48666525a03fce_s

出典:http://www.photo-ac.com/

Untitled-2_15

adidas eqt support adv crystal white turbo red adidas eqt support 93 boost white adidas eqt support 93 17 black turbo red adidas eqt support 93 turbo red adidas eqt support 93 turbo red adidas eqt support 9317 turbo red releases tomorrow adidas eqt support 93 turbo red adidas eqt support adv turbo pink adidas eqt support adv turbo pink adidas eqt support adv grey turbo red adidas eqt support adv grey turbo adidas eqt support adv core black adidas eqt support adv triple pink adidas eqt support adv camo pack first look adidas eqt support adv triple black adidas eqt support adv white black pink adidas eqt cushion adv core black running white adidas eqt support adv triple black adidas eqt support rf adidas eqt support rf power red release date